交通事故裁判・示談

もし、万が一交通事故にあってしまったら・・・必ずやらなければならない事が示談です。
示談とは、交通事故が発生したときに加害者と被害者両方が話し合いを行う事により

損害賠償額やその支払い方法をなどを決めて交通事故の解決を行わなければいけません。
しかし、この示談を行うにおいては色々な解決方法が存在します。

基本的には被害者と加害者の当事者間で話あって賠償額を決定するのですが
事故の加害者が保険に加入している場合は保険会社が介入し、
実際の加害者に変わって示談交渉を行う事になります。
自動車を運転する人のほとんどが何らかの保険に加入している場合が殆どなので
交通事故の示談には保険会社が介入してくると考えておいた方が良いでしょう。

そして、この示談の内容を書面に表したものが示談書となりますが
安易に示談書に捺印すると低い示談金しか貰えず泣き寝入りする事に
なりかねません。示談書は法的効力はあるものの、この段階では私製証書と言って、
強制執行ができる効力までは持ち合わせていません。
もし個人で交渉するのであれば、
公正証書 にしておくことをお勧めします。

しかし、交通事故の示談には色々な問題が後から生じるケースも珍しくありません。
事故直後は身体に異変を感じなかったとしても、後になって
後遺障害が発生する事により、後遺症が残る事になったり
酷いときには高次脳機能障害などの酷い後遺症を背負う可能性も否定出来ません。

すべて当事者で行うよりも時と場合に応じて法律の専門家を介入させた方が
スムーズに事が進む場合もあります。

交通事故で痛い思いをして
さらに示談で更に痛い思いをしないように交通事故と法律、
弁護士や法律の専門家の上手な使い方を見て行きます。

<参考>●交通事故などのホームページ制作 http://www.goldmoney.jp/hp/
      ●フレッツ光で固定IPを取得するならOCN固定IP1プランhttp://www.kotei-ip.com/hikari1/